Link & Connect

つなげる、つながる。リンコネ

意識を変えても目標達成はできない。やる気がでない人がまずやること。

よく、「仕事で目標達成するために必要なことは?」と聞かれて、「思考を変える。」と言う人がいます。

思考や意識を変えてやる気を出して、目的を達成していこうということですね。

これは間違いではないですが、失敗に終わる可能性が高い。

なぜなら、人間はそんなに簡単に変われないからです。頭の中のことを変えるのは特に難しい。目に見えないことであり、計ることができないからです。

 

じゃあどうすればいいか。

それは行動を変えることです。目に見えて計ることができる行動を変える。

塾の仕事においても、若手社員に仕事を教えると、「自分の意識を変えて、生徒に指導していきます」と言う社員は多いですが、口で言うだけでなかなか行動に移せません。

厳しいことを言えば、意識を変える程度でできるのであれば、元々できていることです。

意識を変えただけでできるようになれば、誰でもスーパーマンになれます。誰も苦労しません。

そんな目に見えない意識を変えるのではなく、まずは目に見える行動変えましょう。

 

小さい行動からでOK。

例えば、塾の仕事であれば、

・授業中に友達同士で喋ってる生徒を注意する。

・自習の時に集中してない生徒にすぐに声をかける。

・まだなかなか勉強に対してやる気になってない生徒と1対1で話をする。

など、まず行動変えましょう。そうすることで自分自身の心に火が付いてきます。

意識(やる気) → 行動 ではなく、行動 → 意識(やる気)の順番です。

 

例えば「教室を明るい雰囲気にしよう」とする目標があるとします。

普通であれば「明るくしようと心がけ、生徒たちに声かけします。」と心がけます。

ももちろん心がけることは大事なことですが、心がける前にやることがあります。

行動を変えること。

教室を明るい雰囲気にするために、自分が一番元気で大きな声で挨拶をする。子どもたちに笑顔で接する。

このように、まずは行動をどう変えるかを決め、実行しましょう。

そうすることで、「教室を明るい雰囲気にしたい!」という風に自分の気持ちが変わってきます。決して「明るい教室にするぞ!」と意識してから行動ではなく、行動することで意識が変わってきてやる気になるのです。

 

他にも、「講師を盛り上げ講師が楽しく働ける教室にしよう」という目標があったとします。

まずやることは講師ミーティングで笑顔で先生達とミーティングをして、質問をして笑わせる。

休み時間に生徒と一緒に講師も交えて雑談をする。など、まず行動を変えるんですね。

行動を変えることで自分自身もそのマインドになって、意識が変化していきます。

気持ち→行動 ではなく、行動→気持ち の順です。

 

他にも「生徒とコミュニケーションをしっかり取ります」という目標に対して最初に意識を変えるのではなく、「休み時間の5分前になったら入り口付近で待機して、出入りする生徒に必ず全員話しかける。」というように、行動を決めやりましょう。

 

何かを変えようとする時に、

「しっかりやります」
「心がけます」
「気をつけます」と言う人がいます。

そういった気持ちの面も大切ですが、まずは「こうやります」「これをやります」という行動をしっかりと見直して、小さい行動を積み重ねていきましょう。

そして、それを続けられるように自分の中で仕組化してください。

行動は仕組化できますが、意識を変えることは、仕組化できないのです。だからこそ、行動を変えることが先なのです。

やるのは簡単、どうやって忘れずに続けるのかを考え実行する。これが仕事であり、成長するために必要なマインドです。

 

いきなり気持ちを変えて100%できるようにはなりません。小さな行動をちょっとずつ変えていくことで、一人前になります。

目的を達成するために、行動を変える。そしてそれを忘れず続けられるように仕組化する。これを常に繰り返してくださいね。

この記事を書いた人

中島 元気
ナカマ株式会社代表 / Link&Connect編集長 / なかま塾塾長 / 趣味はサッカースタジアム訪問
  • 人気の記事
  • ランダムほりだし記事
  • カテゴリー
Return Top