Link & Connect

つなげる、つながる。リンコネ

【塾選び】中の人が教える、良い個別指導塾の見つけ方

日本中にたくさんの個別指導塾があります。

その中で、どうやって良い個別指導塾を見つければいいか。

どの塾もチラシやホームページではいいことしか言ってないし、資料を見ても電話で話を聞いても、よくわかりません。

塾って外から見ただけでは、良い悪いの区別がつかないんですよね。

そんな保護者の方に、個別指導塾の中の人である私が、自分なりの良い個別指導塾の見つけ方をお教えします。

もし、私の子どもを個別指導塾に通わせる場合にも、この条件にあった教室を探します。

その条件・ポイントはたったひとつ。簡単ですが、真理です。

良い個別指導塾とは

今回の記事に出てくる「個別指導塾」とは、先生1人が生徒1~3人まで教える、全国に何千とある一般的な個別指導塾だと思ってください。

さて、良い個別指導塾とは何でしょうか。まずは個別指導塾の良さついて考えてみたいと思います。

「成績が上がる」「めんどう見が良い」「合格実績がいい」「授業がわかりやすい」「費用が安い」など、色々な基準があると思います。

こういった要素を一つ一つ調べることは不可能です。口コミや評判を調べようとしても限界がありますし、ネットで調べても出てくるのは広告か、信ぴょう性の薄い口コミばかり。

さらに、通うのはお子さんであって保護者ではない。実際のサービスを保護者の方が受けることは不可能なのです。

これこそが良い塾を見つけられない一番の理由です。保護者は費用を出すしかないのです。

 

そんなことを踏まえて、良い個別指導塾とは、どんな塾なのか。保護者でも見分けられる良い教室の条件とは。

これって私の中に結構明確にあって、それはその教室の生徒数が多いことです。

極論ですが、個別指導塾において、その教室の生徒数が多い=良い教室と言えます。

開校して3年目ぐらいまでに、その年度の最高生徒数が100名をこえていれば、良い教室と言えるでしょう。

良い教室=生徒が多い教室、である理由

今年で私は個別指導塾歴13年目ぐらいになります。今までたくさんの個別指導塾の教室を見てきました。自称個別指導塾マニアです。

日本全国の色々な塾を見学したり、全国の塾経営者から話を聞いたり。

そんな私が個別指導塾について思うことは、生徒数が少ない教室に良い教室はないということです。

 

逆に生徒が多い教室にも悪い教室もたまにあります。

立地がよかったり、周りに塾がなかったり、広告宣伝を大量にして生徒を集めたなどの理由で、たまたま生徒がたくさんいることもあります。

しかし、悪い教室は生徒が多くても、1~2年経てば生徒が減ります。結局、生徒数は50名前後になります。

 

例えば、大手個別指導塾が 新規開校をして大量に宣伝をして、2~3年で100名以上の生徒を集めたとします。

ただし、その塾には中身が何もなく売上だけを目指す塾で、そこにいる教室長にも指導力がない場合、生徒はすぐに減ってしまいます。

最終的にはその教室のレベルに合った生徒数になってしまうのです。

 

もちろん、できたばかりの教室は生徒数が少ないので、開校して1年目2年目だと良い教室でも生徒が少ない可能性もあります。

だからできたばかりの教室では、生徒が少ないからその教室が悪い教室というわけではありません。

ただし開校して3年目以降になっても、生徒数が50名にも届かない、そんな個別指導塾はたくさんあります。その教室は、私の感覚では確実に良い教室とは言えません。教務力であったり生徒対応であったり実績であったり、何かに問題があります。

私の経験上、3年目以降で、年度の最高生徒数が100名を超えていなければ、その教室は良くないと言えます。

ちなみに、個別指導塾の生徒数が一番多くなる月は、大体12月か1月あたりです。

年度の最高生徒数100名以上が、良い個別指導塾の条件

部屋の広さが狭い教室であったり、あえて生徒数を少なくしている個別指導塾には、もちろんこの条件はあてはまりません。

ただし、所謂全国に何千何百とある大手個別指導塾においては、この生徒数100名という基準は必ずあてはまります。

私が全国各地の大手や中小の個別指導塾を見てきて、「ここの教室はすごいな」と思ったところは、ほぼ生徒数が100名をこえていました。

 

この100って数字は、個別指導塾業界では、すごい教室の一つの目安でもあります。

1教室で100名超えてるとなると、「おー、すごいね。そこの教室長はどんな人?」となりますし、大体その地域で一番の個別指導塾である可能性が高い。

 

保護者の方からすれば、広告からの情報だけで良い個別指導塾を見つけるのは至難の業です。

まずは、この「年度の最高生徒数が100名を超えているか」という基準で、個別指導塾を探してみてください。

この記事を書いた人

中島 元気
ナカマ株式会社代表 / Link&Connect編集長 / なかま塾塾長 / 趣味はサッカースタジアム訪問
  • 人気の記事
  • ランダムほりだし記事
  • カテゴリー
Return Top