Link & Connect

つなげる、つながる。リンコネ

子どもから嫌われる先生は無意識でやらかしている。その解決方法は、逆に「えこひいきする」こと

子どもはとても素直なので、思ったことを素直に話しますよね。たまに、学校の先生や塾の先生の悪口を、素直に話してくれることがあります(笑)。

「あの先生が嫌い」だの「あの先生のここが嫌だ」など、いろんなことを好き勝手言うんですよね。なぜ嫌いなのか、理由を聞いてみると、子供たちが言う一番の理由が、「えこひいきするから」です。

「私だけ怒られる!」とか「〇〇くんは怒られない!」とか、そういったえこひいきをされていると感じた時に、子どもはその先生のこと嫌いになるようです。

他にも理由がありそうな気もするのですが、思い返してみても子供たちがえこひいき以外の理由を言っているのを聞いたことがありません。

たまに「生理的に無理」という辛辣なことを言う子もいますが・・・。子どもですので、あまり論理的に嫌いな理由があるわけでもなく、色々聞いてるとやはり「えこひいき」にたどり着くのです。

それぐらいに、子どもたちは、「えこひいき」に敏感なんですね。

 

僕も生徒たちにえこひいきしないということに、ものすごく神経を使っています。ただ生徒の数が多くなればなるほど、全員に平等に接するというのは時間的に難しくなってきます。

それでも先生という立場である以上、どんな子に対してでも平等に接しなければいけません。うーん、非常に難しいですね。

 

では、たくさんの生徒を受け持っている学校の先生や塾の先生が、全生徒に対してどうやればえこひいきしないような対応ができるのでしょうか。

「これだ!」という確固たる答えがあるわけではありません。ただ、僕は子どもと仲良くなることがとても得意です。これだけが唯一の特技と言っていいほど。どんな子とでも、仲良くなることができます。

その要因の一つに、この「えこひいきをしない」ということがあると思います。常に意識しているので。そんな僕が常に意識しているポイントをお伝えします。

基本的に特別なことは何もしていませんので、誰でもすぐに取り組めると思います。ポイントは2つ。

 

まず1つ目ののポイント。それは「逆にえこひいきをする」ということです。これを僕は「逆えこひいきの法則」と呼んでいます。

これは、「逆にえこひいきすることで、最終的にはえこひいきしていない状態になる」ということです。わかりにくい!今から説明します。

 

たくさんの子供たちがいる中で、どうやれば全員に平等に接することができるか。

逆にえこひいきするということはどういうことかと言うと、おとなしい子や自分から話しかけてこない子、一人でいる子など、そういった少数の子たちにこちらから積極的に話しかけようということです。

逆に、元気で明るくおしゃべりな子たちには、こちらからはあまり積極的には話しかけない。

そうすると、どうなるか。

おとなしい子にたくさん話しかけているのでえこひいきをしているように見えますが、元気で明るい子たちは勝手に話しかけてくるので、実際は話す量や話しかける回数に関しては、おとなしい子にも明るい子にも均等になっています。

だから、えこひいきしているようですが、最終的には全体に対して、えこひいきしていないという状況になります。これが、逆えこひいきの法則です。

おしゃべりな子は、こちらから話しかけなくても向こうから話しかけてくれます。子どもたちから話しかけられて楽しくお話をしていると、気をつけないと元気な子とばかり話していることになります。それではえこひいきをすることになってしまいます。

そこで おとなしく一人でいる子や自分から話しかけてこないような子、そう言った子にこちらから積極的に話していくことで、均等になっていくんですね。

話しかける割合としては、おしゃべりな子3に対して、おとなしい子7ぐらいの意識でいいと思います。

おとなしい子に7割話しているように思えても、おしゃべりな子たちは話しかけてくるので、実際は話す量や話しかける回数は、均等になっていきます。

だから、えこひいきしているようで、えこひいきしていないということです。

ただ、このように色々な工夫をして気を付けてみても、それでもやはり明るく元気な気が合う子とばかり話してしまいます。

自分が考える以上に、えこひいきしておとなしい子に積極的に話していくぐらいで、やっと全体にえこひいきをしていないという状況になります。

これって、僕の中では塾の先生が子どもと信頼関係を築くための極意だと思ってます。参考にしてみてください。

 

あともう1つ、気をつけることは、怒ったり注意することは、どんな子であれ差別なく平等に対応することです。

あたりまえですが、これも中々難しい。

学校でも塾でも家でも、「これはやってはいけない。」という決まり事があると思います。

例えば、うちの塾では「授業中は席を立たない」「授業中は友達同士喋らない」という決まりがあります。この決まりを守らない場合は、どんな子でもすぐに 注意をしますし、たまに大きな声も出します。

女の子だろうがおとなしい子であろうがやんちゃな男子だろうが、この点に関しては対応はまったく一緒。

このように、「これはやってはいけない」という決まり事に対しては、平等に子どもたちに接しましょう。

 

「逆えこひいきの法則」と「 平等に注意する」この2点をやるだけで、子どもたちからえこひいきをしていると思われることはありません。

その結果、子どもは「あの先生は誠実な先生で、誰にでも平等に接している」と無意識のところで感じるようになります。

まずは信頼関係を築くことに力を入れるのが、勉強を教えることよりも大切なことだと思っています。

この記事を書いた人

中島 元気
ナカマ株式会社代表 / Link&Connect編集長 / なかま塾塾長 / 趣味はサッカースタジアム訪問
  • 人気の記事
  • ランダムほりだし記事
  • カテゴリー
Return Top