Link & Connect

つなげる、つながる。リンコネ

今の時代、ITスキルを習得しない選択なんてないよ

今、動画や写真の勉強をしている。塾のチラシや広告で使うため。

なかなか苦労の連続だ。分からないことが多すぎるので、わからない→ネットで調べるの繰り返し。それでもわからないところが出てくる出てくる。解決すれば気持ちいいが、わからずつまずいたままだとやる気が出ない。

勉強が苦手な子どもたちの気持ちがよくわかるぜ。

しかし、それでも何度も繰り返してちょっとずつできるようになる。少しだけできるようになる。この新しいことができるようになる感覚は、とても楽しい。

こういったIT系のスキルを勉強している時に、デジタルの一番の利点とは、「何度でもやり直せること」だと気付いた。

 

最近強く思っているのは、今の時代はやり直しが何度でもできるとても恵まれた時代だということだ。

例えば、今僕がやっている動画の勉強であるが、100年前の人がもし動画を勉強しようとしたらどういうことになるだろうか。

白黒の動画を作っていた時代。この時代は今のようにデジタルで簡単に動画を撮ったり、気にいらなければ消したり取り直したりする、そういったことが簡単にできる時代ではなかっただろう。

撮影した映像が実際に流すまでどう行った映像かはわからなかっただろうし、撮影するための機材は高価でフィルムなどの資源も限られていただろう。

一回もやり直しがきかない、一回しか本番ができない。そういったあらゆる困難を乗り越えるほどの情熱を持って取り組まないと、映像が作れない時代である。

その一度の撮影にかける情熱は、僕たちとは計り知れないほど差があるだろう。

そう考えると、どれだけでもやり直しができる現代のデジタル時代は、昔の人からすればなんと羨ましい時代であることか。

もし昔の人が現代にいてデジタル環境に置かれれば、昼夜を問わず何度も何度もやり直し繰り返しながら作業を進めていくことだろう。

 

こんなに恵まれた時代において、やる気さえあればほぼ無料で習得できるITスキルを、なぜみんな習得しようとしないのだろうか。

ホームページであったり動画制作であったりプログラミングであったりイラストレーターであったりフォトショップであったり。

ましてや、塾業界の人たちで得意な人に出会ったことがほとんどない。

「今からスキルを取得する時間がない!」なんて人もいて、そういう人はお金をかけて業者に頼んでいるだろう。

それでもだ。それでもだ。それでも、こんなに恵まれた時代に、この最高の環境下でITスキルを習得しない選択肢はないのだ。

誰もやっていないのであれば、なおさらだ。見返りは大きい。

・やり直しが何度もできる。 ・時間をかければほぼ無料でスキルを習得できる。

100年前のクリエイターが聞いたら卒倒するよ。こんなにぬるい時代はない。

 

40代からでもスキルは身につく。やり直しが何度でもできるからだ。

若者よ。ぬるい時代、チャンスだ。

というわけで、今日も夜な夜な、いろいろな勉強をしています。

この記事を書いた人

中島 元気
ナカマ株式会社代表 / Link&Connect編集長 / なかま塾塾長 / 趣味はサッカースタジアム訪問
  • 人気の記事
  • ランダムほりだし記事
  • カテゴリー
Return Top