Link & Connect

つなげる、つながる。リンコネ

日本人が英語をしゃべれないのは、教育の失敗ではない

日本人で英語をしゃべれる人は少ない。このことについて、よく言われていることがある。「日本は中学から高校まで6年間も勉強してるのに、英語がしゃべれるようにならない。これは教育の失敗だ」と。

そして、外国と比較し、「外国の教育はすばらしくて、しゃべれる人がたくさんいる」と言う。まあ、言いたいことはよくわかる。が、まったく的外れである。

 

理由は2つある。まず一つ目の理由。日本人が、英語を中学高校と6年間も勉強して話せないのは、「必要ないから」である。これが最大の理由。教育のせいなわけがない。

考えてほしい。みなさんの周りに英語を話せる人はどれぐらいいるか。たぶん英語を日常的に使う仕事をしている人以外、ほとんどいないだろう。

次に、自分自身のことを考えてみてほしい。日常生活においてどれぐらい英語を話す機会があるか。仕事でもいい。あなたは、一日にどれぐらいの時間、英語を使い話をするのか。

ほとんどの人が0分だ。9割以上を占めるだろう。

私は塾を経営しているので、仕事として英語に触れる機会はあるが、それでも英語で会話する機会なんてほとんどない。周りを見渡しても、英語を日常的に使う仕事をしている人間はほとんどいない。

こんな状況で、なぜ英語がしゃべれないといけないのか。しゃべれなくていいのだ。これが日本人が英語をしゃべれるようにならない一番の理由である。

 

英語を本当にしゃべれるようになりたいのであれば、一番有効なのは留学だ。しかも最低でも1年以上の。日常的な会話のすべてが外国語である環境に行かない限り、母国語以外の言語を自由に操れるようにはならない。

こんなことは、みんなわかっているはずである。それでもなぜか、英語をもっと勉強しなければ!会話中心の勉強をしなければ!そうすれば英語がしゃべれるようになる!なんて思ってる。

ましてや、国までもが、もっと低学年から英語教育に取り組もうとさえしている。

 

ここまでくると、悲しくなってくるが、国がそうする理由もわかる。それは教育の方針を決めているのが、エリートだからだ。

エリートたちは自分たちが今まで勉強してきて、また留学してきて、英語をしゃべれるようになったことに誇りをもっている。

また、「日本はグローバル化に遅れている」や「英語ができないとイノベーションができない」なんて言いながら、国全体に英語教育を推進していく。

 

エリートにとっては、海外との交渉などで英語能力は確かに必要かもしれない。

しかし、日本に住んでいる9割以上の人には、英語は必要ない。国をあげて、無駄なことに時間を費やしている。

先ほど出てきた、「グローバル」や「イノベーション」という意見は一理ある。これは、必要になった人が必要になった時に勉強すればいいのだ。

英語なんて非常に簡単な言語である。カタコトでしゃべれるようになるのは簡単だ。

みなさんも、海外旅行などで外国人と英語で話すとき、「あー、こんな簡単な英語でいいんだ」と感じたことがあるはずだ。大体中1にならう英語ですべてことたりる。

英語を話せるような外国人でも、英語が母国語でない人のほとんどは、適当な英語を話している。文法なんてめちゃくちゃ。それでも、英語が話せると堂々としている。

海外旅行でなく、もし大事な商談などがあるのであれば、そのときは通訳でもつければよいのだ。

 

2つめの理由は、日本語と英語があまりにも違いすぎる言語だからだ。

たとえば、ドイツ人やフランス人が英語を学ぶのと、日本人が英語を学ぶとでは大違いだ。

まったく違う言語を学ぶのと、親戚のような関係である言語を学ぶのとを同じように考えるのはフェアーではない。日本人が時間をかけても英語をしゃべれるようにならない理由はここにもある。

 

ここまで、色々とえらそうに書いてきたが、国が英語至上主義なのは間違いないし、これからもエスカレートしていくだろう。

その対策法として、

・学生は受験に必要だからと割り切って勉強する。
・大人になってから英会話などを習う前に、本当に英語を学ぶ必要があるのかをよく考える。

この2点をよく考えてほしい。

 

英語をマスターすれば、将来安泰で、転職にも有利で、海外で働ける。なんて夢見ないことである。現実はもっと厳しい。英語を無理して学んでも、9割以上の日本人においては、徒労に終わる。

その英語に使う時間を、自分の仕事のスキルアップのための勉強に使う方が、100倍将来のために役に立つ。

 

それと最後に。英語をしゃべれない、と嘆くのではなく、むしろ誇りに思うべきである。

なぜなら、日本人には日本語があり、母国語だけで生活できるということは、「植民地支配を受けたことがない」ということだからだ。

教育がすばらしいから、インド人は英語がしゃべれるのか?フィリピン人が英語をしゃべれるのか?よく考えてみればわかるだろう。植民地支配を受け、英語を使わざる得ない状況になってしまったからだ。

日本人は、もっと英語を話せないことに、誇りを持たないといけないのだ。

この記事を書いた人

中島 元気
ナカマ株式会社代表 / Link&Connect編集長 / なかま塾塾長 / 趣味はサッカースタジアム訪問
  • 人気の記事
  • ランダムほりだし記事
  • カテゴリー
Return Top