Link & Connect

つなげる、つながる。リンコネ

売り上げが目的になっている個別指導塾が多すぎる問題

今回は、塾業界の話が多くわかりにくいかもしれません。ただ、私が運営する塾が、どのような教室運営しているかを理解してもらうために書きました。きっかけは、ある保護者の方からの質問です。

夏期講習前に行う面談について

時期は6月中旬、中学生の保護者の方から質問がありました。

「夏期講習の面談ってまだですか?」という質問です。

「あぁ、そんな時期か」と思いながら、「夏期講習前の面談は定期テストが終わってから7月にやります。」と答えました。

6月は定期テスト対策に集中するので、とても面談ができる状況ではありません。当たり前のことを、当たり前にやっていきます。

 

こんな感じでうちの塾は7月に面談をやりますが、7月に夏期講習のための面談をやるって、実は業界の常識からかなりずれてるんです。大手個別指導塾は、夏期講習前の面談はこの時期の6月に行うところがほとんど。

定期テスト前でも面談している塾があるのが現実です。5月から夏期講習のための面談をやる塾もあるみたいですね。

定期テスト対策をそっちのけで、夏期講習のための面談をやる。これでは塾の本来の目的から大きくはずれています。でも、これが実は業界のスタンダードだったりするんです。

なぜ普通の個別指導塾は面談を優先するのか

では、なぜ6月に面談をやるのかというと、「早めに面談をした方が、夏期講習の売り上げをあげやすいから」です。そう、生徒の成績アップよりも、売り上げを一番の目的にしてるんですよね。

夏期講習の売り上げ > 生徒の成績アップ という本末転倒なことになっているんです。

6月中に面談をすることで、夏期講習を早く申込させて売り上げを確保する。大手塾であれば売上ノルマがありますので、目標に足りない教室は挽回するべく何度もご家庭にアプローチする。

6月に面談をすると、この売り上げを上げるためにご家庭にアタックする機会が多くなるので、テスト対策そっちのけでテスト前でも面談をやるんです。※もちろん、6月に面談をやる全ての塾が、売り上げを優先しているのではありませんが。

 

うちの塾では素直に「6月は定期テスト対策に集中する。7月に面談。」です。もうここに売り上げを上げるための小細工は一つもありません。

それは、「生徒の成績を上げること」=「真実の瞬間」だからです。

自分がなぜ塾をやっているのか。何をしたいのか。子どもたちにどうなって欲しいのか。なにをして世の中の役にたちたいのか。目の前の生徒の成績を上げ、自信をつけてあげる。それが私たちのやりたいことであり、求められていること。そこを絶対に間違えてはいけないと考えています。

こんな考えで、開校1年目から業界の常識にはとらわれない教室運営をやっています。その結果、地域からの信頼を得て、すべての教室が開校10ヶ月以内に生徒数100名を達成しています。このような個別指導塾は日本全国どこにもありません。日本一の成長率と言えます。

生徒のためでもあるが、社員のためでもある

7月に面談をやるというのは生徒の成績アップのためですが、教室長や副教室長のためといった側面もあります。

6月は全社員が定期テスト対策に仕事の全てを集中しますが、もし6月に面談をやると、「定期テストの点数は上げないといけないけど夏期講習の売上もあげないといけない。」なんて状況が一緒にくるので、現場の人間が一番苦しみます。

塾で働く人間って子どもたちのために働きたい!と思ってるのに、上から売上売上と言われて、勉強を教える仕事以外のことでどんどん疲弊していくんです。

この時期、うちの社員は夏期講習の売り上げなんて1ミリも考えてません。定期テストの点数を上げることで頭がいっぱいです。

ていうか、うちは夏期講習の売り上げ目標なんて元々ないんですけどね。だから定期テスト前は定期テスト対策に集中し、夏期講習前に面談をやるという、理想の教室運営ができています。

 

よく他塾の先生から「なんでそんなに短期間で生徒が集まるんですか」と聞かれますが、こういうところに秘密があるんです。というわけで、生徒のために、働く社員のために。これからも「真実の瞬間」を極めていきたいと思います。

この記事を書いた人

中島 元気
ナカマ株式会社代表 / Link&Connect編集長 / なかま塾塾長 / 趣味はサッカースタジアム訪問
  • 人気の記事
  • ランダムほりだし記事
  • カテゴリー
Return Top