Link & Connect

つなげる、つながる。リンコネ

子どものころから新しい習い事を始めるのが苦手な私が、自分で運営する塾で気を付けていること

子どものころから、新しく習い事を始めるのが超苦手な私が思う、塾運営において大事なこと。

 

3月4月とたくさんの子どもたちが新しく塾に入会してきました。最初は緊張していた子たちも、今では塾に慣れ笑顔も出てきて、楽しそうに通っています

何か新しいことを始めようとするときには、緊張が伴います。

私は小さいころから新しい習い事に通うということが、とても苦手でした。だからかはわかりませんが、子どもの頃にあまり習い事をした記憶がありません。

今でも新しい場に行くときや、新しい人に会う時などはとても緊張してしまいます。新しい習い事なんて大人になってから通ったことはありません。

何が嫌って、知らない人と仲良くなれるか不安だし、一番嫌なのが元々前からいる人たちの仲良しグループの中に入っていくこと。わかってもらえるかな。

行く前から緊張して気持ちが落ち込んでしまい、そもそも行くことをやめることもあります。行く前からドロップアウト。

やった方がいいのもわかってるし、やる気もある。でもやれない。チャレンジできない。そんな人って私だけでなく結構いるんではないでしょうか。

何か新しいことを始めようとする時、どうやればその一歩が簡単に踏み出すことができ、そしてそれを長く続けることができるのか。子どもの頃からの私の課題です。

2つの目線で考える

この問題を考えるときに、私は2つの立場で考えることができます。

まずは自分で塾を運営してるので、生徒を受け入れる側の立場。習い事を運営する立場ですね。

そしてもう一つは、大人になり最近は仕事で私も色々新しいことに挑戦したり、新しい場に行くことも多くなったので、そういったやる側・お客の立場。

私は両方の目線で、この「通いたいけど通えない問題」を見ています。

 

この二つの立場からこの問題を見ていると、解決する方法として一つのシンプルな答えが見えてきます。

何が問題で挑戦することを躊躇したり長続きしないのか。どうすれば何事にも挑戦できるようになり、さらに長続きするか。

解決方法はシンプル。それは不安がなくなることです。

なぜ挑戦できない、そして長続きしないのかというと、それは不安だからです。

不安をなくせば、人は安心できて、その場所の居心地がよくなる

不安にはどんな不安があるのか。

たとえば新しい場所に行く時、その場所に行って自分が受け入れられるかどうか。その場所に行った時に自分の居場所があるかどうか。

極端に言うと、その場所が自分にとって生きて行ける場所なのか。自分の命が脅かされることはないかという不安です。

身の危険もなく、身も心も安全だと思えることが、まず大切なこと。

 

他にもそこにいる人たちに自分は受け入れられるか、仲間外れにされないか。そういった人との関わりにおける不安というものもあります。

これらの不安がなくなれば、新しいことに挑戦したり新しい場所に行くことに対して、躊躇したり諦めたりすることは減るのではないでしょうか。

例えば新しい習い事でも、友達と一緒に行く時や、元々その習い事に友達がいるという場合は、挑戦のハードルはぐっと下がりますよね。

 

というわけで、塾を運営している私としては、まずはこの「身も心も安全な居場所をつくる」ことに力を入れ、塾運営をしています。

どういったことかというと、教室に来た時に子どもたちを出迎えたり、座席に案内したり、一人でさみしそうなら話をして盛り上げたり。

とくに塾に通い始めたばかりの子には注意を払います。できるだけはやくアウェー感を取り除いてあげて、塾をその子にとってのホームにする。

そのために、まずは安全安心をつくる。これに全力を注いでいます。

できるから長続きする

次に、どうやれば長続きするかということです。

この時も、大切なことは不安がないことです。この時に出てくる不安とは何か。

それは、「自分はできるようになるのか」「難しすぎて自分にはできないのではないだろうか」「できないことで恥をかくのではないか」などの不安です。

子どもであればまだまだ無邪気に新しいことに取り組めますが、大人になればこの「できるできない問題」は顕著なものになってくるでしょう。

私もこの歳から、できそうにないことに挑戦することは気が引けます。

 

この不安を解消するには、実際にできるようになることが大切です。

基本的に人間はできないことよりもできることの方が、気持ちがワクワクします。当たり前のことです。

できないことをずっと誰からも褒められることなくやり続けるというのは、とても苦しく普通の人間であれば続きません。

それが自分の好きではないこと、勉強であれば尚更やる気は続きません。

だから最初は、できないことばかりやるのではなく、必ずできることから始めることが大切です。

とても簡単なとても小さなことをちょっとずつできるようになることで、自信がついてその事が好きになってきます。

好きになることでさらにやる気が出て続けることができる 。

この「やる気サイクル」に入れば、勉強でもやる気をもって続けていくことは簡単なことです。

 

塾では、この「できないのではないか」「自分にとっては難しいのではないか」という部分を、個別指導という少人数指導で解決しています。

その子ができるところまで戻って小さなハードルを少しずつ越えながら、自信をつけていけるようなカリキュラムを個別に作成しています。

学校のような集団形式の授業だと、学力が違う子同士が同じ授業を受けることになり、全員に対して丁度よいレベルの授業をやることは不可能。

勉強が苦手な子にとっては、自分の学力に合ったレベルの授業を受けることができる個別指導の方がいいですね。

このように、様々な不安を取り除くことが、新しいことへ挑戦したり、自信をつけていくことにおいて非常に大切なことです。

私は、自分自身が人見知りなので、新しく塾に通う子の不安な気持ちがよくわかります。

子どもたちが塾に来ても「不安を感じない教室運営」を、これからも目指していたいと思います。

この記事を書いた人

中島 元気
ナカマ株式会社代表 / Link&Connect編集長 / なかま塾塾長 / 趣味はサッカースタジアム訪問
  • 人気の記事
  • ランダムほりだし記事
  • カテゴリー
Return Top