Link & Connect

つなげる、つながる。リンコネ

PDCAサイクルで、いまいち成果を実感できない人が意識するべき、もう一つの大切なこと

「PDCAサイクル」というビジネス用語がある。

仕事の流れを、「Pプラン(計画)」「Dドゥ(実行)」「Cチェック(検証)」「Aアクト(改善)」という一連の流れで行うことにより、プロジェクトを進めるとき、製造工程や現場のオペレーションを改善していくときに、スムーズに進めていく方法である。あまり知らない人はググってください。

このとても有名なPDCAサイクル。仕事の基本とも言えることだが、とても重要なことだ。私も仕事を進めるときに、意識していることである。

意識していると言ったものの、できているかは別で、私の課題としては「C」の評価・検証の部分をよく忘れてしまう。計画してやってみたはいいものの検証しない。やりっぱなしというやつだ。実行しただけで検証しなければその後の改善につながらない。日々反省。

 

私は「C」が苦手なのでそこを気を付けているが、実はこのPDCAにはもっと重要な別の大切な要素があることに、最近気付いた。

それは「P(計画)」の段階でどれだけその計画の精度を上げるか、質を上げるかによって、成果が変わってくるということである。

いくら計画を立てても、それが見当はずれな計画なら、いくら実行して検証してみても、問題解決にはいたらない。

また、計画を立てることが難しいという人もいる。計画を立てる前に、「何が問題かが見えていない」ということだ。例えば、業績が下がっている時や部署内で仕事の連携に問題が起こっているような時でも、何が問題でそうなっているのかを見つけられなければ、計画さえも立てられない。

結局、「気合いが足りない!」や「もっと長時間働け!」などの、前時代的な解決法になってしまう。

 

だからこそ、PDCAサイクルの前に、この精度の高いP(計画)を立案する力をどうつけていくかに、目を向けないといけない。

闇雲に計画を立て、とりあえずやってみて検証して改善する。これもひとつのやり方で悪くない。一番悪いのは何もやらないことだから。

しかし、計画のその一歩手前で、できるだけ問題解決に直結した形にするために、Pの前段が重要なのだ。

 

それでは、このP(計画)の精度を上げるためにはどうするか。

将棋の棋士である羽生善治さんの著書『捨てる力』を読んで、Pのより前に大切な要素に気付いた。羽生善治さんは著書の中で、「「整理整頓」→「取捨選択」→「まとめる」というプロセスを経て、これは使える、使えないということを判断する。自分の頭のなかで、そういう分類をします。」と述べている。

今までの経験や知識を総動員して計画のレベルを上げることで、PDCAサイクルがより答えに近づきやすくなる。だから様々な知識を頭に入れたり、様々な体験をしたりして、常日頃からいろんな物事に対して目を向ける。

それらの知識や経験をまとめる。これを続けることにより、行き当たりばったりの思い付きでなく、より有効なアイデア・計画が思いつくのだろう。

将棋の世界の話なのでビジネスとは違うが、大いに参考になる。

 

色々な情報を頭に入れ、使える情報をまとめ、そこから新しいアイデアや計画を考える。

この時、最も大事なことは、観察することだと思う。

実際現場で起きていることを観察する。何が問題だから結果がでないなのかを、常に観察し続けることで、仮説を立てることができるようになり、計画がより結果に結びつく。

 

観察をすること。

簡単そうに聞こえるが、自分は当事者なので、中から客観的に起きている事象を観察することは難しい。

俯瞰してみるってやつ。自分を客観的に見る。冷静に周りの状況を観察する。

実際、私もそうだが、周りの人たちを見ていると、自分のことを知らない人が多い。現状認識ができていない。

 

そのために、常日頃から何気ない日常の風景やいつも働いている職場も、常に客観的に観察するクセをつけないといけない。

自分が今どういう状況で、仕事の問題点は何で、どうやれば解決するのか。客観的に観察し続けるしかない。しかし、この観察する力とは、究極的にビジネスにおける最強スキルのような気がしている。

20代からこの観察スキルを向上させていけば、30代の頃には相当な実力者になっているだろう。

常に周りや自分を観察し続けよう。そうすることで、PDCAサイクルのPの精度が上がり、より結果を出すスピードが速まるだろう。

いやー、もしPDCA+観察力を20代で身につけられたら、たぶん30代はぶっちぎりだよ。

この記事を書いた人

中島 元気
ナカマ株式会社代表 / Link&Connect編集長 / なかま塾塾長 / 趣味はサッカースタジアム訪問
  • 人気の記事
  • ランダムほりだし記事
  • カテゴリー
Return Top