Link & Connect

つなげる、つながる。リンコネ

子どもの「やる気」をあてにして教育してはいけない

塾に入会する前に、親子面談をしていてよく思うことがある。

面談前の電話問い合わせの段階で、「うちの子、やる気がなくて。塾も行きたくないなんて言うんですよ。」という話をされるご家庭がある。親としては、「やる気がないうちの子でも塾に通えるのかしら」と思われているのだろう。

答えは、「まったく問題ありませんよ。やる気なくても大丈夫です。」である。

 

まず、子どもが勉強に対してやる気がないのはあたりまえ。とくに、勉強につまずいている子や苦手な子はやる気がないが、そんなこと何も問題ではない。

よく考えてほしい。自分の苦手なことにたいして、自分からやりたいと思ったり、やる気が出てきたぜ!なんて言う人間、いると思いますか?

私自身がもし苦手なことをやれと言われたら、やる気なんて出ない。やるとしても最初はいやいやだ。

そう、やる気なんてなくてあたりまえ。それでも、塾に話をしに来てくれる。もう、それだけで私からすればすごいことなのだ。

 

今回も事前に電話で「うちの子、やる気ないのですが」と言われていて面談で色々話したら、実は素直ないい子で普通に体験授業を受けることになった。

お母さんは、「塾に来る前は絶対やらないと言っていたので、やることになってよかったです」とおっしゃっていた。

そういうものなのだ。子どもは口では「やる気がない」「やりたくない」という。本音だろう。でも、「やらないといけないかなー」とか「やった方がいいかもなー」とは思っているのである。

そのほんの小さな気持ちをこちらが最大限に引き出してあげる。それが私たち塾の仕事である。

 

勉強ができないとか苦手とか関係なく、今の状況を否定せず、勉強に対する不安がなくなるような明るい未来を見せてあげる。

そうやってほんの少し芽生えてきたやる気を、時間はかかるが少しずつ大きくしていく。

やる気なんてなくていい。そんなどうでもいいことは気にせず、「塾なんて行きたくないけど、でもやらないといけないかも」程度の軽い気持ちで、塾に相談に来てほしい。

あとよくあるのが、「親の前だからやる気がない風にしてるだけ」というのがある。特に中学生。

親と一緒だとすごくそっけなかったり反応が悪いが、その子ひとりだと素直でいい子なんてよくある話。だから中学生の「やる気がない」は真に受けない方がいい。

 

やる気がないのはあたりまえ。勉強に限らず、何かを始めるときに必要なのは、最初の一歩を踏み出す勇気なのだろう。

この記事を書いた人

中島 元気
ナカマ株式会社代表 / Link&Connect編集長 / なかま塾塾長 / 趣味はサッカースタジアム訪問
  • 人気の記事
  • ランダムほりだし記事
  • カテゴリー
Return Top