Link & Connect

つなげる、つながる。リンコネ

成績を上げるための唯一の方法

「成績を上げるための唯一の方法」をお話しします。この方法とは、実はご家庭でもできることなんです。ただ、これができれば誰も苦労しないよ・・・という身もふたもない話なんですが、少しでも参考になればと思います。

全国の学校・塾・予備校、実は目的は一緒

成績を上げる方法って、たくさんあります。全国の学校や塾が日々子どもたちと格闘しながら、成績が上がるように日々指導しているわけです。

「教え方」やら「教材」やら「〇〇ノウハウ」やら何から何まで、たくさんありすぎて私自身もどれがいいのかわからなくなります。

そういううちの塾も、様々な独自の成績アップへの取り組みを行い、勉強が苦手な子でも圧倒的に成績を上げているからこそ、地域No1の生徒数の個別指導塾になっているわけです。

ただ、成績を上げるための方法は星の数ほどあれど、目指す目的はただ一つなんです。これは全国どこの塾でも同じです。

成績を上げるための唯一の方法とは

その唯一の方法とは、「勉強時間を増やす」ことです。

そう、あまりにも当たり前すぎることなので、ピンとこないかもしれませんが、究極は勉強をたくさんすること。

もちろんそれだけではないのですが、成績アップを突き詰めていくと、「いかにして勉強時間を増やすか」というところに行きつくのです。

 

いかにして子どもたちの勉強時間を増やすか。

「それって簡単じゃないの?ずっと塾で勉強させればいいんだから」なんて思われるかもしれませんが、そうはいきません。

とくに勉強が苦手な子どもたちは、毎日塾に来させて缶詰にしても、まず続かない。辞めます。いや、そういうスパルタ塾には勉強嫌いな子は通いません。

どうやってたくさん勉強するか。ここが、どこの塾も必死に取り組んでいるところなんです。

楽しく通える、でも勉強はたくさんやる

まずうちの塾を検討しているご家庭には、無料体験授業を受けてもらうのですが、無料体験授業を受ける前に、親子で教室にお越しいただき面談をします。

その時、「楽しくやっていきます。堅苦しくやらずに、楽しい雰囲気でやっていきます」と説明しますが、そのあとに必ず、「でも勉強はたくさんやります。」と伝えます。

最初の入口は「楽しく」ですが、強制的に「たくさん勉強する」部分もある。

この「楽しく」と「強制的に」の境界線を、子どもたち一人ひとりの学力やモチベーションや性格に合わせてコントロールしていくのが、塾の仕事だと思っています。

「勉強時間を増やす」と一言で言っても、奥は深いのです。

この記事を書いた人

中島 元気
ナカマ株式会社代表 / Link&Connect編集長 / なかま塾塾長 / 趣味はサッカースタジアム訪問
  • 人気の記事
  • ランダムほりだし記事
  • カテゴリー
Return Top