Link & Connect

つなげる、つながる。リンコネ

チャレンジ精神は、「小さなできる」の積み重ねの先にある。

塾に来る子どもたちは、勉強が嫌いであったり、苦手であったり、最初はやる気のない子が多い。

勉強が嫌いで、やりたくないという子でも、ほとんどの子たちが「勉強はやらないといけない」と思っている。だからこそ、僕たちの働きかけで、子どもたちは驚くほど変わっていく。

 

そんな子どもたちが勉強を嫌いでやりたくないという一番の理由は、「わからないから」である。

人間は、わからないことが解決できなければストレスになる。そのストレスが積み重ねれば、誰でもやる気がなくなり嫌いになるものだ。

 

勉強嫌いの子どもが、勉強に対してやる気になるにはどうするか。それは、小さな「できる」という体験を積み重ねていくことだ。

「わからない」が解決したり、できる部分をちょっとずつ積み上げていくことで、子どもたちは自ら勉強に取り組むようになっていく。やる気とは、小さな「できる」の積み重ねの先にある。

 

このように、子どもの勉強にも言えるが、「何かができるようになる」という快感は、新しいことに取り組む際のモチベーションになる。やる気があると努力でき、取り組む対象のクオリティが高まっていく。そうすると周りからも褒められ、さらにやる気が出る。

このような良いサイクルに入れば、なんでも一通りのことはできるようになる。

 

僕も、子どもたちが勉強に対してやる気になっていくように、新しいことができるようになるという快感にはまっている。中毒になっているとも言える。

自分が運営している塾のホームページやチラシのデザイン、看板デザインやパンフレットや名刺などを、全て自分で作っている。

さらに「これからは動画の時代だ!」と思い、現在動画の勉強をしている。そのために、高いカメラも買った。

自塾で使う数学の講習用教材や英単語集なども社内で作った。他にも普通はプロに頼むようなことでも、自前で何とかしようとしている。時間はかかるし、効率が悪いかもしれないが、そうやって苦労しながら自分のノウハウとして積み上げていく。

同業者にこの事を話すと、すごいですねとよく言われる。興味があるので自分でやれないかなと軽い気持ちで取りかかり、ちょっとずつできるようになるのが楽しい。だからまたやりたくなる。

このことについて、私が特別な能力があるというわけではない。単純に新しいことができるようになるという快感にはまっているだけなのだ。

 

僕がホームページをゼロから独学で学び作り出したのは10年前ぐらい。最初はとてもカッコ悪いホームページだった。でも、何もできなかったのに、ゼロから1を生み出せた。ほんの少しでもできるようになったということがものすごく嬉しく、そして楽しかった。

その後、もう一度ホームページを作り直した時に、そこそこのデザインのホームページができた。またまた嬉しくなり、さらにもう一度挑戦し、やっと見栄えもいいものが作れるようになった。その結果、自分で塾を始めてからも自塾のホームページを自分で作っている。他にもチラシや様々なデザイン物も自分で作っている。

なぜゼロから特別な能力のない僕がこのように新しいことができるようになるのかと言うと、これはネット時代が関係している。

簡単に言うと、わからないこと出てきても、ネットで調べれば全て解決するから。

昔は、本を買ったり人に教えてもらったりしてちょっとずつ勉強していかなければいけなかった。それだと分からないところにつまづいた時に、なかなか解決のしようがない。

例えばホームページの作り方などを人に聞こうと思えば、どこか学校に通ったりするしかなかった。今ではそのようなことはせずともほぼすべてのことがネットで調べることができる。

特にネットは、ピンポイントでわからない部分を詳しく調べることが簡単にできる。このネットの有効活用できることが、僕が色々なことに取り組んでちょっとずつ上達できている一番の要因である。

 

こんな風に、いろんなことに挑戦できるのも、僕の中で小さな「できる」を積み重ねてきたからである。

いろんなデザイン関係をやっているのもそうだが、自分で塾をやり始めたのも、同じことだ。サラリーマン時代に少しずつ塾の仕事を覚え、少しずつ小さなできるを積み重ねたからこそ、大きなチャレンジ精神が生まれたのだ。

 

子どもでも大人でも、まずは小さな「できる」を積み重ねていこう。そして新しいことにどんどんチャレンジして少しずつ成長することで、さらに大きなチャレンジができるようになるのではないだろうか。

大人になってからが、人生の本番だ。いつの時代も、新しいことを勉強していかないといけない。そんな人生の本番には、ほんの少しのチャレンジ精神とネットを駆使して、成長し続けよう。

この記事を書いた人

中島 元気
ナカマ株式会社代表 / Link&Connect編集長 / なかま塾塾長 / 趣味はサッカースタジアム訪問
  • 人気の記事
  • ランダムほりだし記事
  • カテゴリー
Return Top