Link & Connect

つなげる、つながる。リンコネ

僕たちはスーパーマンじゃない。独立・起業を成功させるために大切なことは、アイデアでも人脈でも資金繰りでもない。

起業家の仕事もサラリーマンの仕事も、基本は同じ。いたってシンプル。

四年前に学習塾で独立・起業しました。

起業する前は色々な準備をしながら沢山の本も読みました。起業本に書かれていることの多くは、「計画が大事だ」「アイデアが大事だ」「人脈が大事だ」「資金繰りが大事だ」といったことで、なるほどなるほどと関心していました。

しかし独立起業して4年経ち、年商も1億を超えてきて何とか軌道に乗ったんですが、独立起業を成功させるために大切なことは、もっと別のところにありました。

 

四年経って何とか生き残っている僕が、今最も大切なことは何かと聞かれれば一言、「サボらないこと」と言います。

本やネットには独立起業についての華やかな話ばかりが並んでいます。しかしそういった大成功を納めてる人は、ある意味天才です。そういった人たちの独立起業時の話は、役に立つ部分もありますが、今思えば僕のような凡人にとっては本質的な話ではありません。

最も大切なことは、サボらずにどうやって努力を続けるかという、とても基本的なことでした。

 

大成功している企業家の人たちの本を読んでみると、365日ほとんど毎日働いている人がたくさんいます。それも一日10時間以上働くなんて当たり前。

それぐらいの長時間労働を続ける気力・体力・根性、一つの事に集中してと努力できる才能、これがまず大前提にあります。

アイデアとか人脈とか計画とかより前に、長時間労働があるんですね。はっきり言って普通の人には無理です。私にも無理です。

でも独立起業して自分で事業をやっていくというのは、それぐらいの モチベーションがないとうまくいかないことなのかもしれません。

 

革新的なアイデアを思いついたり、自分の仕事に役立つような人脈を築いたり、しっかりとした経営計画を立て計画に沿って事業を進めたり、お金の出入りをしっかりチェックして健全な財務体質を築くこと。

これらの事はすべてとても大切なことですが、それの大前提に、それらのことを実行するために行動する必要があります。

どんなアイデアを思い浮かべても、努力をしないと実現できません。計画を立てるにしても人脈にしても同様で、膨大な時間をかけて努力をするというのが大前提なんですよね。

 

やってみてわかったんですが、起業してからの仕事も雇われの時の仕事も、やる仕事って基本的にはシンプルなことです。基本的には誰でもできる。文系の仕事なんて特にそう。

それは、技術や能力ではあまり差がつかないということなんです。でも、成功する人と失敗する人がいる。

その差は、目の前の仕事をサボらずに、早いスピードでたくさんやる。うまくいかなければ別のやり方を実行する。これをうまくいくまで繰り返す。これしかありません

しかし、起業当初はやる気に満ち溢れていても、サボらずにずっとやり続ける、働き続けるということが普通の人にはできない。結局、サボってしまい、失敗してしまうのです。

アイデアの失敗や資金繰りの問題とか、様々な要因があると思いますが、そういった問題は努力の後に出てくる話であって、ほとんどの人の独立してからの失敗は、自分を制することは出来るずにサボってしまったから。これに尽きると思っています。

サボらない方法は、サボれない環境に自分の身を置くこと。

僕も、起業前から自分で自分をどうやって律していくかということに悩んでいました。

サラリーマン時代であれば上司や周りの同僚の目などがあり、そう簡単にサボることはできません。

しかし、一人で仕事を始めたら誰からも監視されることはないのでサボり放題です。

私は時間があればダラダラしてしまうタイプなので、一人になった時にサボらない自信がありませんでした。

 

だから、どうやれば一人でもサボらないかということを、起業前から色々考えていました。

サボらない施策は大きく2つあります。

まず一つ目は、塾の仕事なので昼の2時から教室を開けるようにして、その間は必ず教室にいるという決まりにする。そうすれば教室にいるときはお客さんがいつ入ってくるかもしれないし電話がなるかもしれないということで、サボらずに仕事ができます。

そして二つ目が、3年間休まないと決めて、ブログなどで宣言したことです。これが良かった。

3年間休まないと言っても、毎日10時間以上仕事をしていたというわけではありません。

教室が休みの日などは、教室には出ずに家で事務仕事をしたりして、6時間以上は 仕事をしようと決めていました。また泊りがけの用事などがあるときも、出パソコンを触ったりスマホで仕事をしたり。

そうやって絶対サボらないということを毎日続けてきました。結局四年たって何とか軌道に乗って 振り返ってみると、この3年間絶対仕事を休まないという自分に決めた約束事が、自分にとって 一番有効だったと言っても過言ではありません。

みんな自分のことを何かスーパーマンと思っているようで、アイデアがあったり事業計画を立てれば、その事業を軌道に乗せることができると思っていますが、そのアイデアや計画を実行するためには努力が必要になります。

そこが最も大切で難しいところなのです。やることってとってもシンプル。大事なのは続けることです。

ラーメン一風堂の川原会長の言葉

この3年間休まないというのは、ラーメン一風堂の川原会長が何かの公演で話していた言葉です。

ラーメン一風堂をやる前にバーを経営していた河原会長は、バーをオープンする時に「自分はダメ人間ですぐにサボってしまうから、絶対に3年間休まない」と決意し、バーを始めたそうです。

そして3年経ってバーが軌道に乗り大成功していた時に振り返ってみると、この3年間休まないと自分で決めたことが、自分には一番良かったと話してます。

僕も川原会長のようにやったなんておこがましいですが、本当にその通りだと思います。

やることはある程度わかっています。本やネットにいくらでも情報はあるし、教えてくれる人もたくさんいます。ネットを使えばほとんど費用もかかりません。やってみてダメそうなら次次次と、ありとあらゆることをやっていくだけです。スピード感をもってやる。そのための量。

そして絶対にやりきる決意。そしてサボらないように環境を整える。これが独立して最初の段階で、最も大切なことだと思います。

僕たちはスーパーマンじゃない。このことをいつも心の中にとどめておきましょう。

この記事を書いた人

中島 元気
ナカマ株式会社代表 / Link&Connect編集長 / なかま塾塾長 / 趣味はサッカースタジアム訪問
  • 人気の記事
  • ランダムほりだし記事
  • カテゴリー
Return Top