Link & Connect

つなげる、つながる。リンコネ

新しいことに挑戦するおっさんは最強説。

こんにちは、おっさん

塾以外の仕事で、最近新しいことにたくさん挑戦している。

・去年からFacebookを始めた

・今年に入ってTwitterも始めた

・ブログを最近リニューアルした

SNSなんて絶対やらないと思っていたが、やってみたらやってみたで、なかなか両方ともおもしろい。塾関係者との繋がりがたくさんできて、そこも楽しい。

Facebookの方がどちらかと言うと軽いブログのような感じ。TwitterはブログやFacebookよりもお手軽で、いいことつぶやく芸を磨いている。

 

他には、去年から力を入れて勉強しているのが動画作成である。まだできてなくて発表していないのだが、動画を撮って編集して塾の広報などに使用したいと考えている。動画を撮るためのソフトはAdobePremiere。

そしてカメラは写真も綺麗に撮れるように、一眼カメラを買った。ソニーのα7III、そしてレンズは2470GMである。天神にあるソニーショップで「素人ですがこういうカメラを買った」とお店の人に言ったらものすごく驚かれた。プロでも使えるレベル。中島は、形から入るタイプである。

というわけで写真も勉強している。塾の綺麗な写真を撮って、広告やブログに使っている。写真が綺麗だとテンションが上がる。

あと、去年から卒業ソングを作っている。第一弾はできたが、実は完成してなくて、今アレンジをしているところだ。コーラスのアレンジで悩んでいる。なかなか難しい。

他にも塾の先生向けのコミュニティを準備している。塾の先生同士でいろんな受験情報や教室運営の悩みを共有してアドバイスをしある。そうやって日本全国に良い塾が増えればいいなと思っている。

そういえばnstagramも始めたんだった。まだ一回しか投稿していないが、TwitterとFacebookの間のようなSNSな気がしている。これは塾にはあまり関係ない内容を投稿していこうかなと考えている。写真家だ。

好き嫌いでは見えてこない時代の空気

こんな感じで、去年から色々な新しいことに挑戦している。ネット・デジタル関連が多い。

若い子が利用するようなインスタグラムであったり、食わず嫌いであったTwitterも、最初は我慢してやってたら、なかなか面白いとことがわかってきた。

年を取ると新しいことに対して、興味が少なくなってくる。そうすると今やっている自分のやり方に固執してしまって、時代の流れに取り残される。

自分の立ち位置がわからなくなってきて、お客さんが求めていることに応えられなくなってしまう。

そうならないようにも、自分の好き嫌いではなく、あえて興味がないことでも飛び込むようにしている。

全く興味が湧かないものももちろんあるが、それでも「こういったことが若者は楽しいのか」「時代はこんな流れか」「今の時代に求められているのはこういうことか」と、そういった時代の空気のような物が、少し感じられるようになってきた。

そういった目に見えない時代の空気を理解するために、好き嫌いを超越して新しいことへ挑戦するというのは必要なことだ。

徳川家康をみよ!

日本の歴史上の人物で一番好きな人物は、徳川家康だ。徳川家康は最強だ。

徳川家康が関ヶ原の合戦で勝利したのは、なんと58歳の時。そんな歳になってから270年近く続くような江戸幕府を作り上げた。

前例のないことへの挑戦を、60歳近くから始めている。おっさんでもなく、おじいちゃんだ。

そんな歳でも、古い習慣を打ち破り、新しい国の礎を作った。何歳からでも新しいことに挑戦していけるという証拠だ。

そう、おっさんが新しいことに挑戦することが最強なのだ。日本人最強の徳川家康が、そのことを証明している。

この記事を書いた人

中島 元気
ナカマ株式会社代表 / Link&Connect編集長 / なかま塾塾長 / 趣味はサッカースタジアム訪問
  • 人気の記事
  • ランダムほりだし記事
  • カテゴリー
Return Top